カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


モバイル

Feed

ワイン総合研究所  渡辺 正澄
 (1)ブルガリアワインの大要

ブルガリアは、ヨ−ロッパの南東にあるバルカン半島の北緯43〜41度で、北はドナウ河にそってルーマニアに接し、東は黒海に面している。南はトルコ、ギリシャに、西はマケドニア、セルビアに接している。気候は温暖で大陸性と地中海性の気候の堺にある。山地が多くアドリア海やエ−ゲ海の海風の影響を防ぎ、また西風が、黒海の影響を減らしている。これらの影響で同緯度にあるフランスの南部やイタリア中部よりいくらか涼しい。土壌は黒褐色の粘土質が多く、ぶどう栽培に適した肥沃である。                             ブルガリアのワイン産地は、5地域に分けられている。 それらは、北のドナウ平原、南西のストゥルマ・ヴァレ−、バルカン山麓の中央部のロ−ズ・ヴァレ−、南のトラキア平原、東の黒海沿岸などである。気候的に、バルカン山脈以北は白ワインの産地として、またバルカン山脈以南は、赤ワインの多い産地の傾向になっている。ぶどう品種は、ブルガリア固有の白のMisket(ミスケット)、赤ではMavrud(マヴルッド)やGamza(ガムザ)などが有名である。外来種としては、赤のカベルネ・ソ−ヴィニヨンやメルロ、また白では、シャルドネ、ミュスカ・オットネル、ソ−ヴィニヨン・ブラン、リ−スリング、ヴィオニエなどが栽培されている。ぶどう栽培面積は、約86万ヘクタ−ルで、ドイツの約100万ヘクタ−ルより僅かに少ない。白ワインが40%、 赤ワインが60%である。 

民主化後の1992年に、国営のワイン醸造企業から民営化した大規模なワイナリ−が出現し、さらに家族経営による高品質・少量生産のブテック・ワイナリ−が設立された。 2007年にEUに加盟してワイン醸造設備は、さらに急速に進歩している。 高級ワインの醸造は、フランスのボルド−やブルゴ−ニュ−と、ほとんど同じ方法で造られる。 白も赤もアルコ−ル発酵の後で、マロラクチック発酵を行い、小型オ−ク樽で熟成させる。
マロラクチック発酵は、ワイン中のリンゴ酸を乳酸菌によって乳酸に変える方法で、酸味が柔らかくなり、香りも高まる。ぶどう収穫後に、場合によっては、ぶどう果実中の糖分を高めるために、イタリアのアマロ−ネ・ヴァルポリチェッラのように、約三カ月間、室内の棚で乾燥させる方法も行われる。

発酵後の瓶詰は、ドイツのワイナリ−でしばしば見られるような、低温(15〜20℃)で、無菌濾紙を用いて濾過したワインを、無菌室で瓶詰する方法(低温無菌濾過)も行われている。 
醸造されたワインの60%以上が、ロシア、ポ−ランド、ドイツ、アメリカなどの約70カ国以上に輸出されている。 輸出ワインの中で瓶詰は80%で、バルク(150 リッタ−以上の容器入り)ワインは20%である。 日本へのバルクワインの輸出量はドイツと共に多いが、瓶詰ワインは品質の高さとコストパフォ−マンスの良さもあり、日本への輸出は、急速に上昇中である。                                          ワインの外に、ラキア(ブランデー)が造られている。ラキアは主にぶどうの搾りかすを蒸留したもので、樽熟タイプと樽熟させないタイプがある。樽熟タイプは、オ−ク樽で熟成させるので、褐色で良い樽香がある。樽熟させないタイプは、ぶどうの果皮の香りの高いミスケット系の場合が多く無色透明である。アルコール度数は40%以上と定められている。 食事中には、よく飲まれている。

ブルガリアのワイン生産地域


文献:Map of Bulgaria Wine Regions

http://www.wineandvinesearch.com/bulgaria/wine_regions.php



(2)ブルガリアワインの歴史 (3)ワインと料理の相性関係―I (4)ワインと料理の相性関係―II(5)ワインと料理の相性関係III(6)ブルガリアのワイン産地(7)ブルガリアのぶどう品種 |(8)ワインと健康(9) 調味料によるマスキング(被覆)効果―I(10) 調味料によるマスキング(被覆)効果―II